トンミョン大学 BIC 留学生オリエンテーション 「多国籍200名以上が共に楽しむ活気ある集まり」

– Busan International College、K-popとK-danceの祝祭ムードを満喫 –

3月26日、トンミョン大学は中央図書館の大講堂で、Busan International College(BIC)の新入留学生向けの2024年度のオリエンテーションを開催しました。

グローバル韓国学科の8名、グローバルビジネス学科の72名、コンピュータ工学科の30名、メカトロニクス工学科の8名、情報システムとセキュリティ学科の31名、合計9カ国から149名の新入生が出席し、教授を含む200名以上がこのイベントを祝いました。

留学生を歓迎するために、トンミョン大学のクラブ 애오라지 (Aeoraji)とバスキングバンド 조수훈 (Jo Soo-hoon)によるK-popパフォーマンス、大学のクラブ ZapperによるK-danceパフォーマンスが行われました。

チョン・ホファン学長と国際大学(学長:ジョン・ビョンイク)の教授、他の外国人教授は、自己紹介や学科紹介をユーモアを交えながら行い、さまざまな国からの留学生とのコミュニケーションを図りました。チョン学長は「Busan International Collegeは、未来のグローバルイノベーションをリードできる留学生を育成するために、カスタマイズされたカリキュラムを実施します」と強調しました。

現在、トンミョン大学のBusan International Collegeには、17カ国から1000名以上の留学生が在籍しています。BICの運営を通じて、トンミョン大学は2028年までに定員の半分を留学生で満たし、外国の大学とのさまざまな連携プログラムを運営することにより、着実なグローバル大学への飛躍を続けています。