D2ビザ(韓国留学ビザ)

韓国のD2ビザでパートタイムの仕事許可証を取得するためのガイド

韓国は、留学中に生活費をサポートするためにパートタイムで働くことを希望する国際学生にとって魅力的な目的地です。しかし、韓国で合法的に働くためには、外国人として仕事許可証を取得する必要があります。このガイドでは、学術目的の学生ビザであるD2ビザで仕事許可証を取得する方法を説明します。

制限を理解する:

D2ビザの国際学生として、学期中は週20時間まで、休暇期間中はフルタイムでパートタイムで働くことが許されています。ただし、働ける仕事の種類には制限があります。自分の専攻に関連する仕事や特定のスキルを必要としない仕事(語学教室やカスタマーサービスなど)に限られます。

仕事を探す:

仕事許可証を申請する前に、パートタイムの仕事を見つける必要があります。Albachunkuk、Job Korea、Saraminなどの多くのウェブサイトやアプリが韓国でのパートタイムの仕事を見つけるのに役立ちます。また、大学のキャリアセンターで求人情報を確認することもできます。

仕事オファーレターを取得する:

仕事が見つかったら、雇用主から仕事オファーレターを取得する必要があります。このレターには、仕事のタイトル、勤務時間、給与、簡単な仕事の説明が含まれている必要があります。

仕事許可証を申請する:

仕事オファーレターを手に入れたら、地元の出入国管理局で仕事許可証を申請できます。以下の書類を提出する必要があります:

  • 完成した申請書
  • パスポート
  • 外国人登録証(ARC)
  • 仕事オファーレター
  • 大学の在学証明書
  • 成績証明書
  • 手数料60,000ウォン(約55米ドル)

通常、仕事許可証の承認には約2週間かかります。申請が承認されると、雇用主は仕事許可証の証明書を受け取ります。また、地元の出入国管理局に行って、パスポートに仕事許可証のスタンプを追加してもらう必要があります。 

仕事を始める:

仕事許可証を手に入れたら、パートタイムの仕事を始めることができます。労働時間と仕事の種類に関する制限を遵守することを忘れないでください。

結論として、D2ビザの国際学生として韓国でパートタイムで働くことが許されていますが、まず仕事許可証を取得する必要があります。上記の手順に従って、合法的に仕事許可証を取得し、問題なく働き始めるようにしてください。

Contact for Consultation